初回割引などを上手に活用しよう

キャバクラに初めて訪れる際、ほとんどのお店では初回割引の様な料金体系を設けています。

 

 

その料金内容は様々ですが、初回5000円ポッキリや正規料金50%OFFなどがあります。

 

 

そこにはハウスボトル(飲み放題ボトル)やサービス料が含まれている場合もあります。

 

 

そして時間の制限、例えば開店より2時間以内の入店の場合などの時間設定を設けている場合もあります。

 

 

初めて行くお店では、まずこのお店から見ても破格なサービスを是非とも利用して遊びに行くべきだと思います。

 

 

この料金設定はお店にとっては赤字の場合がほとんどですが、この先、常連として通ってもらえる事や暇でガラガラな店内を埋れる事を想定して、これらの料金に打って出るのです。

 

 

では、こういったサービスをどうやって受ける事が出来るのか。

 

これも様々でインターネットHP上に割引券を印刷方式で提示しているところや実際にお店の前で呼び込みしている方から入手出来ることもあります。

 

 

呼び込みの方が路上などで活動している時というのは、店内に空きがある証拠です。

 

 

店内がお客さんで埋まり出すとその呼び込みしている方は大抵の場合、店内に呼び戻されます。

 

 

呼び込みを観察していると分かるのですが、だいたい夜7時オープンのお店では夜9時から10時頃まで、夜9時オープンの場合は夜11時から12時頃まで路上で呼び込み活動をしています。

 

 

またインターネットが普及しているご時世ですので、気になるお店がある場合は事前にネットでお店のHPもチェックしてから行く事も必須ではないでしょうか。

 

 

そこには実際お店で働いているキャバクラ嬢の写真を載せているお店もありますが、ほとんどの場合は初回で指名するのは別料金なんて場合が多いようです。

 

 

また上司や同僚、友達や知人と一緒に訪れる場合、その一緒に同行する方が1回でもそのお店に行った事がある場合は初回割引適用にならない場合もありますので注意が必要です。

 

 

店内の様子を見てみると、開店して間もない時間帯は1人でいらっしゃるお客さんが多く見受けられます。

 

 

この1人で来ているお客さんは初回新規の方か常連の方という風にきれいに二極化しています。

男性客

 

 

常連の方は同伴システムを利用している場合が多く出勤前にキャバクラ嬢とどこかで食事などしてキャバクラ嬢と一緒に入店している場合は開店間もない時間帯に1人で来店しています。

 

 

売れているキャバクラ嬢はこの同伴システムをとてもよく活用していますので、開店して間もない時間帯に初回来店する場合、お店で売れているNO.1クラスのキャバクラ嬢が席に来ることはほぼゼロに近いと言っても過言ではありません。